手作り雑貨 花音(KANON)へようこそ

2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ その他
CATEGORY ≫ その他
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

微笑み返し

2011年如月からスタートした『手作り雑貨花音へようこそ』
本日、最終回です。
長い間、本当にありがとうございました。

ブログを開設しているのにも関わらず、更新がなかなかできず・・・
それでも、ご愛読くださった読者の皆様。
感謝、です。

これからは、『花音倶楽部へようこそ』と検索していただき、その中の(ブログ)をご覧いただけると幸いです。

そこには今まで通り、作品も掲載しますし、体験のご案内もさせていただきます。

月一で、参加させていただいている第三日曜の『宝塚ソリオ・クリエーターズマーケット』には抽選で外れない限り出店いたします。

このブログ同様、長く皆様に愛されますように。

コメントも沢山お寄せ下さい。お待ちしています。

≪手作り≫を初めて、JAMPOTさんと出会えたことで、貴重な体験もさせていただきました。

伊勢丹、阪急、阪神、河原町マルイ・・・という百貨店でのお仕事は大変勉強になりました。

そして、個展。昨年は、4日間ではありますが、自分の雑貨屋さんを開くことができました。

人は実現不可能なことは夢にしない、といいますが、人生の後半に叶いました!

『花音倶楽部』では、雑貨のコーナー≪空詩°~ソラシド~≫もあり、一年中個展のようですが、今年の年末12月は、池田駅構内にあるVEGAで他の作家さんと一緒に、個展に近い広いスペースで『クリスマス花音』を開催します。

(私、りんの次の個人的な大きな目標・夢・野望は、いつか北海道富良野ニングルの森・ニングルテラスで期間限定のお店を出すことです。ふふふ。 )


まだ、申し込みはありませんが、もう一度、国語を教えるチャンスができました。それもまた、楽しみです。

遠いけど、ここなら来たい!という箱は整いました。でも、肝心なのは中身。そう、私自身。

今までの全てを生きた教材にして、この人に会いたい、この人から習いたい!と思っていただけるように、謙虚に努力していきたいと思います。

画像がなくて、心もとないのですが。。。(ないほうが、いいという説も。(笑))

今までのお礼を微笑みにかえて。


ありがとうございました。




スポンサーサイト

新しい人生の始まり。

しばらく、またまた写真のアップができないかもしれませんが、花音は元気でおります。

体は少々、いえ、かなり、ガタはきていますが、心は10代です。( `ー´)ノ

実は、5月1日から、自宅の近くに店舗を開くことになりました。

人生後半も後半の下りなのに、坂道を上ることになりました。

しかも、けっこうな急勾配。

でも、相方も私もいろんな面での本領発揮!

二人で「宝くじが当たれば言うことなし!」

なんて言いながら、購入していないです。(*_*;

完成の暁には、ここにもアップいたします。

つきましては。。。5月1日までこのブログをお休みいたします。

再開の日まで、ご祝儀コメントがジャンジャンはいっていることを期待しています!!

心をこめて。


BANが依頼されて描きました。

P3045717_convert_20180306090821.jpg

花で満ち溢れた葉っぱです。



相方の説によると、名前に『葉』や『菜』がついている人は、ほとんど優しい人なんだそうです。

どうりで、花=は・な は最上級の優しい響きになるはずです。

犬がDOG=GODであるように。

本の噺。3⃣

私は、自他ともに認める怖がり。

怖いのはダメ。

映画も≪オカルト・ホラー≫系は見たことがない。

そこに並べるのはいかがなものか?

『注文の多い料理店』

小学生のころ、初めは面白くて笑って読んでいた。

ところが。。。何度も読み返すうち、空気までこわばってきたのだ。

扉の向こうに何があるかわからないっていうのは、現実でも怖いもの。

自分で自分を料理するってことに、欲をかいていると、気が付かない。

悪いことをして、どんどんお金を稼いでいると、破滅の道がみえないのと同じだ。



狭い部屋で壁にもたれながら、うすら寒くなりながら。。。

晩秋の日の短さが、闇をよびこみ、小学生の私の中に身震いを閉じ込めたのかもしれない。



本の噺。2⃣

幼いころ、ハンカチを用意しながら何度も読んだ本がたくさんある。

何を考えていたのかよくわからないが、

『何度読んだら涙が出なくなるのか?』

・・・と、読んだ回数を数えていた本もある。

(そういう、変わった子だった)

小1時代の代表的なその泣き本が、『人魚姫』と『ああ無情』。

泣きながら、怒っていた。(笑)

王子様のバカ!警部の意地悪!

今となれば、人魚姫の気持ちも痛いほどわかる。

更には、警部の人生の悲しみも、また、痛すぎるほどわかる。


こればかりは、歳をとらねばわからないことだな、と、妙にしんみりする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。