手作り雑貨 花音(KANON)へようこそ

2011年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年06月
ARCHIVE ≫ 2011年06月
      

≪ 前月 |  2011年06月  | 翌月 ≫

段ボールギター

段ボールギター
仕事の関係で(?)段ボール細工をしてみました。こういう工作は子どもの頃大好きで、大人になった今でも作っていると楽しくて仕方ありません。とりあえず、ひとつ完成させてみたかったので、ガムテープなどの使い方は雑ですが、段ボールの素朴で温かい味わいはなんとも言えず好きです。写真ではわかりにくいですが、サイズはウクレレくらいのサイズです。時間があれば次はもっと大きい楽器にチャレンジしてみたいです。でも次の絵も描かないと!
スポンサーサイト

ささのは♪ さぁ~らさらぁ~♪


「最近、太ったんじゃない?あんたの方、傾いてるわよ」「黙れ!たこ焼き!」「酷いわ(涙)。あんたの方沈みかけてるじゃないの」「うるさいわよ。頭に載せてるのなんなのよ。悔しかったら、鰹節と青のりくらいかけてみなさいよ!」

嫌だね…人間たちは。お互いけなしあって…。僕たちは笹船にのってこれから天の川を渡るんだよ。

もしかして…僕たちの会話だと思ったんじゃない?残念でした。僕たちはみんな仲良し!!たこ焼きも確かに笹船に乗ってるけど。(笑)
7月1日から、七夕様までの限定で、池田『ほん和か』さんでお待ちしています。

よくわからない絵ですが?!

コントラバス
美しいシルエットに魅せられて描いてしまいました。コントラバスです。Sの字のひっくりかえったような模様は何を意味しているのでしょうか。ギターのホールと同じような役割があるのかな。わからないことだらけですが、何とも美しい形ですね。ヘッドの部分の「くるくる」っとしたところも描いてみたいなぁ。

楽器の右側の花は自分でもうまく描けたと自画自賛しています。ウソです。押し花を使いました!いつもと少しだけ雰囲気が変わればと思います。夏に向けた1枚です。

見てみたい

サギソウ
久々の366日花ことばカレンダーです。7月の10日くらいまでしか完成していないので、やや追われ気味です。。
サギソウ見たことありますか?僕は残念ながらまだありません。花を描き始めて、こういう特長的な容姿の花はぜひお目にかかりたいと思うようになりました。トケイソウやニゲラを見たときの衝撃を再び味わいたい!

どこに行ったら見られるかご存じの方教えてくださいヽ(^o^)丿。

あなたは、永遠に美しい。

プリザーブドフラワー
フラワーアレンジメントですが、生花ばかりでなく、造花や押し花、そしてプリザーブドも学びます。先生からは毎回、裏ワザを伝授していただきます。今日は、こぼれおちそうな輝きを表現したいと思いつつ…難しかったです。

永遠に美しい…わけにもいかず、やっぱり二・三年で後輩にゆずるそうです。なんだか、宝塚のトップスターみたいだなって思います。どんなに美しいものでもいつかはなくなってしまう。だからこそ美しいのかもしれません。



ここまで読んでくれた、あなた。今日は漫才はないのかとがっかりでしょう。(笑)次回をお楽しみに。

空飛ぶピンクブタ

ビーブー
「疲れた~」「どないしたん?」「このビーズのブタさん作るのに、四時間半もかかってん」
「難しそうやな」「沢山ものづくりしてきたけど、今までで一番難しいものづくりやったわ。てぐす糸も立体ビーズも初めてやってん」
「えぇええ!!信じられへんわ。そんなんで、よくならえたなぁ」
「自分でも、無謀さを反省したわ。展開図見てみ!あれは暗号やで。考え過ぎておなかすいたわ」
「そう。じゃあ、何か食べにいかへん?」
「隣の、とんかつ屋いこか!」
「そうしよ!!」


『・・・・・・・なんで、僕をつくって、豚カツやねん・・・・・・』

暑中見舞いに②

空ニャゴ
久々のニャゴリータ登場です。今回はハート型の浮き輪を抱きながらスカイダイビング。急降下している感じはしませんね。ふわふわ、くるくる回りながらみんなの町に降り立ちます。

始めは背景がなかったのですが、なんだかさみしくて空の写真にコラージュしました。夏っぽい一枚だと感じてくれればうれしいです。

ダックス憤怒?

ダックスフンド
「あんた、足短いわね~」
「なによ!あんたなんか、私より短いじゃない!」
「おだまり!!ダックスはもともとは猟犬なの。穴にもぐりこんで、アナグマを捕まえたんだから」
「えぇえぇえぇ!!そうだったの?」
「この私たちの短い足があってこそ、なのよ!だから、足のことで喧嘩するのやめてよね」


「あんた、私の方が、足短いわよ~」
「なによ!私の方が短いわよ!」

「・・・・・・・」

2026年の完成を目指して

サグラダファミリア
スペインの世界遺産「サグラダファミリア」は1882年に着工し、作者のガウディーの没後の今もなお建築中で、完成は2026年の予定だそうです。ガウディーの死後、設計図だけを頼りに彼を支持する建築家たちによってロマンは受け継がれています。

ガウディが「神は急いではいない」と語ったとされたサグラダ・ファミリア。完成時期はまさに「神のみぞ知る」のかもしれません。

最近は白黒のモノトーンの絵が描きたい衝動にかられています。

6月の花嫁

June  Bride
毎週水曜日。昨年の10月から、フラワーアレンジメント教室に通っています。結婚式場内の花屋さんに10年勤めておられた先生は、毎回、花の特性をとても興味深く説明してくださいます。

今回のテーマはJUNE BRIDE。ポイント以外はまたまた自由にアレンジしましょう~でした。そこで、私は花嫁が持つ『可憐』なイメージのフラワーアレンジに挑戦しました。いかがでしょうか。

永田萌さんの花の精がおどってませんか?(笑)
見える人は、私のお友達です!!

うふふ♡

赤ちゃん
私のまわりは、最近赤ちゃんラッシュです。うさぎ年の赤ちゃんですね。
明日、水無月16日より、池田サンシティー1階ダイエー西館『ほん和か』さんに出発します。

「うふふ。」
「お名前は?」
「だぁー!!」
「・・・・・・」

名前はまだない。猫ではありませんよ。(笑)
良かったら、素敵な名前を考えてください。

モ―ラ―への道

トイプー
「ねえねえ、花音のりんが新しいことはじめたらしいわよ」
「ついに、お笑いの世界にいったのね」
「違うわよ~。モ―ラ―めざしてるみたいよ」
「牛のラー油?」
「ちょっと!トイプードルの名前が泣くわよ。モールのインストラクターよ」
「そういえば…指の筋肉痛を初めて体験したとか言ってたわね」
「指の筋肉痛って?流石りんだわ」



小さい頃、大好きだったもの。ビー玉・おはじき・シャボン玉・セロファン・リリアン・そしてモール!!念願がかない、もしかするとモールアーチストになれるかもしれません。これからもたくさんのモール作品が花音に登場します。たぶん、相方BANもしたいというと思います。(笑)

おめでとうございます!

結婚式
以前同じ職場で奮闘しあった仲間が昨日結婚式を挙げました。とてもとてもめでたいことで自分のことのようにうれしく思います!
一枚、お祝いの絵を個人的に描かせてもらいました。誰かのことを思って描くのは幸せな気分になります(*^_^*)。あらためて結婚おめでとう!お幸せにヽ(^o^)丿!

クロネコの宅急便

魔女の宅急便
「ジジ、今考えるともう少しちゃんとした名前をつけてあげたらよかったわ。」
「なんでさ。」
「時々、私、『ジジ』っていわれるのよ。」
「・・・・・・・」

「それはそうと、なんでおいらはこんな箱にいれられてるんだ?まるで、どっかのまわし者みたいじゃないか。」
「私こそ、アップリケにされて大変よ。パン屋だけに、体にぱんやをいれられているのよ。」
「・・・・・・・」


軽い紙ねんどで作ったジジは、阪急電車の中で、子どもたちに大人気でした。クッションになったキキはとんぼとともに今でもたんすの中です。魔女の宅急便。宮崎アニメのキャラクターの中でキキが私に一番似ているそうです。(笑)

I'm waiting for you

インコ
どこか物悲しく見えるインコ。誰かをずっと時計の上で、待ち続けているようです。時計の針はもうすぐ1時をさそうとしてます。

「背景シリーズ」のラスト作品です。英字新聞と思いきや、おそらくフランス語新聞で、記事の内容がさらにわかりません。。誰かフランス語のお詳しい方、見出しの意味を教えてくださいヽ(^o^)丿。

鳥を描いたり、作ったりするのが一番リラックスします。

夏に向けて

クジラ2
暑中見舞いのような涼しげなハガキが出来たらいいなと思いながら、描きました。いつもの水彩絵の具に、水彩色鉛筆、顔彩、カラー筆ペンなど駆使しながら楽しく描きました。クジラの口の周りのぶつぶつ(?)と背景の♪が偶然混ざり合って、勝手に『おぉ~!』と、感動していました。
雄大な音楽の海をゆるりゆるり泳ぐ優しいクジラです。

むぎゅっ♡

手乗りうさぎ
「お願いなんですけど、あんまりむぎゅってしないでください。」
「だってかわいいんだもん!」
「お忘れですか?あなたがつくったうさぎの中で、私が第一号なんです。あなたのところにもう三年いてるんです。むぎゅむぎゅされて、この前なんて、うるるんうさぎさんたちに笑われました。」
「でも、その三年の間に、3回も作りなおしたんだから。いうなれば、三回美容整形したんだから。」
「えぇぇええっっ!!!」


うさぎのみみちゃんよりも、うるるんたちよりも、るるよりも、長い付き合いのこの子。いつも、お客様の手にとられて、今回はもう…って思うんだけど、私のところに帰ってくる。もう、ずっと一緒にいようね。

オチビハン

オチビハン
朝日新聞に連載されている「オチビサン」を羊毛でつくりました。どこを見ているかわからない目や、頭の大きすぎるぼんぼりが愛らしく、見ていると何とも脱力してしまいます。朝日新聞から映画出演のオファーが来るのではないかと期待大です(笑)。
妻がモールアートの講座を受けにいっている間に、負けじと作りました。ヘッドホンはモールです。モール犬につけるはずのものをオチビハンが奪い取りました。もう返す気はサラサラないようです。

りんちゃんの部屋

ドールハウス
「ねえ、クマ五郎、どうしよう!もうすぐママが帰ってくるのよ!」
「知らないよ。りんちゃんが、こんなに部屋を散らかしたんだろ?」
「昨日から、ママ機嫌が悪いのよ。国会中継みたあとに夕飯作ってたでしょ。スパイスききすぎて、ひどい味だったわ」
「じぁあ、今日はもっと大変だよ。昨日、ママはハトハトっていってたけど、今日はサギサギって大きくなったみたいだよ」
「??」


この部屋のハト時計が、おびえるように時を刻みます。「かーん・かーん・かーん・・・」
お~い!ハト時計なら、「ぽっぽーぽっぽー」でいいねんぞ。

神様・仏様・てるてる坊主様

てるてる坊主
「良く降るわよね」
「ほんまやな。今年は梅雨入りがはやすぎるよな」
「私ら、不眠不休で働かなあかんわ」
「人間様は勝手やからな。雨、ふらすな、とか、ふらしてくれとか。そういや、去年の夏は暑かったせいか、逆さにつるされて、雨乞いされたで」
「どうりで、そんな顔色なんやね。真っ青やんか。まだ、貧血なん?」
「おまえさんかて、日焼けしすぎてまだお日様色が抜けてないで。」


明日から、こんな会話を『ほんわかさん』の箱の中でしているんだと思います。お二人さん、大丈夫よ。人間は勝手だけど、願いがかなわなくても、決して君たちをうらんだり、ちぎって捨てたりしないからね。

雨にうたれ、日焼けして、真っ青になったりオレンジ色になったりする可愛い君たち。じゃあね。