手作り雑貨 花音(KANON)へようこそ

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年07月
ARCHIVE ≫ 2017年07月
      

≪ 前月 |  2017年07月  | 翌月 ≫

間伐材のコースター

栂池
毎回出張先で作っているコースター。
2012年→2015年→2016年と来て、今年も作りました。
ただ、今年の許された制作時間は10分・・・。
迷っている時間もなく、一気に描きました。
急ぎすぎて「2019」と書いて、慌てて直しました(笑)。

真ん中の鳥は僕が作りました。というのはウソです!
Rinさんが30年以上前に買ったものらしいです。Rinさんが5歳の時のものです。
ウソです!
スポンサーサイト

4か月ぶりの作品

花と音楽の祭典
あまりにRinさんばかりに更新させてしまって反省です。
仕事が少し落ち着いたのもあり、かなり久しぶりに1枚描きました。
職場で企画しているイベントがあり、
そのポスターを考えました。
明日から少しずつ作品UPしていきます!がんばります!

ガーゼのハンカチ

個展に向けてこつこつとミシン作品を増やしています。

ミシンの糸の具合が悪い。。。

ダブルガーゼを使って2重にし、ふんわりハンカチを作っていますが、恐ろしく糸が突っ張ります。

お高いミシンでしたのに…自動調節もついていますのに・・・あきません・・・

購入先に聞いてみると、仕方ないとか。

体験ミシンの時に使っていたミシンは全く大丈夫だったのになぁ。。。

まあ、倍近い値段でしたが。

熱いのでいや、暑いのでぼやくのにも力が入らない。



個展は秋だけど、まあ、いいか。
おもいっきり夏柄。

P7240498_convert_20170724054501.jpg

大人猫柄。



難しい。。。
汗でてきた。
作品で拭くわけにいかないな。

ふんわりハンカチと格闘中のりんです。

手ぬぐいハンカチで・・・

最近の108円均一は、可愛いものも多くなってきた。
私の住む地域では、キャンドゥー・セリア・ダイコクさんだ。
どのお店も頑張ってはる。

私は文房具は文房具屋さんで購入しているが、セリアさんの便箋や封筒には目がない。

手ぬぐいも実にかわいい。

ミシンで試作するとき、ついつい買いすぎる。

とにかく今は、なるべくミシンにふれる(ニフレルはここからついた名前。動物に触れる。)

関西も梅雨明けした。
今年は、猛暑・酷暑・残酷暑だ!!

保冷剤を首に巻いて買い物へいき、帰りはスーパーで少し氷をビニールにいただいてここに入れる。
(往復持たないもんね)

2年前、あまりの暑さに、頭の上にビニールに氷を入れて帽子ではさんで買い物から帰ってきたことを思い出した。


ハリネズミ柄。

P7210497_convert_20170721095035.jpg


文鳥柄。



五枚も買ったのに、あとの3枚は?
108円×3はむちゃくちゃになった。

これだから、108円は無駄遣いになってしまう。。。
反省だ。

博多東急ハンズへ

大阪は、アジサイから蓮の花のシーズン。
昨日、鍼灸の治療で服部緑地公園を通りましたが、見事な大輪。
服部緑地公園は、シーズンごとの花々が実に見事です。
あれで、無料。
今年に入って、梅、桜、チューリップ、つつじ、バラ、矢車草、睡蓮、フウチョウ草、ギガンジューム、アジサイ…など。
本当にお見事です。

P7130494_convert_20170713055739.jpg

JAMPOTさんのご縁の作家さんにより、8月5日から、9月17日まで、博多の東急ハンズさんへ花音も出展することになりました。
遠方なので、すべておんぶにだっこという心苦しさですが。。。



九州が大変なことになっています。
少しでも義援金の一部になれば、と、思います。

インコブックカバー


記念すべき、ミシン作品一号はブックカバーになりました。

そして、当たり前のことに気が付きました。

ミシンより大変というか、裁縫で一番大切なのは『きっちり採寸通りに切る、きっちりアイロンをあてる。』

羊毛ではすべて目分量で過ごしていた私にとって、ほぼ、拷問のように思います。


しかし。。。

この買い物は、私の人生で一番大きな買い物だったかもしれません。

あこがれの、バイアステープやファスナーがつけられるまでは、粗大ごみにするわけにはいきません。

花音革命

毎朝8時15分に母に電話していた。
七年半もそうしていると、いまだに、その時間に携帯に目がいく。

不思議なものだ。
私が先に倒れたら。。。近年はそれが一番気がかりだった。
その心配がなくなったというのに、気持ちが抜けて。
張りつめていた糸が切れたような。

そう、まさしく糸が切れた凧みたいに、ふらふらと出ていけばいいのかもなぁ。


そんな凧が、『今年はミシンに挑戦』という100の目標の一つにたてていた。
ならば、高校2年以来のミシン。

まさしく花音の革命。
やってみよう。



ちくちくの仲間。
名前は『シマエナガ』ちゃん。
北海道にしか生息しない、私の一番好きな小鳥の名前を付けた。

これからよろしくね。