手作り雑貨 花音(KANON)へようこそ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP羊毛作品 ≫ 届けたいもの

届けたいもの


♪わたしからあなたへ このうたをとどけよう♪『切手のない贈り物』
この歌には随分と泣かされました。何故か、胸がせつなくなるのです。メロディーといい、歌詞といい。私の心の琴線にふれる一曲です。流石、財津和夫さんです。

転校していったある男の子が、毎日だしてくれていた日記の最後にあったお母さんとの会話です。
「今日、先生がうたいはった歌の意味、わかるか?」
「うん」
「ええ歌やな」
「うん」
「この歌の良さがわかるように、育てたからな」

この歌とは、合唱祭に教員全員でうたった『切手のない贈り物』のことでした。

2学期の終業式、お別れ会はいやだ、クリスマス会にしてくださいといって、どれだけ泣いたかわからないはずなのに、満面の笑顔で去っていった少年。このサンタ少年をつくったとき、何故か重なりました。そういえば、サンタさんも、一人一人に切手のない贈り物を届けてくれるなぁ~と。

今年は、いかがでしょう。クリスマスソングはお休みして、『切手のない贈り物』を歌いながら届けてみては…。
スポンサーサイト

Comment

届いています
編集
りんさんをともに学校生活を過ごした子供たちは
本当に幸せだと思います。
こんなに言葉を大切にし、自分たちのことを考えてくれている先生は
めったにめぐり逢えるものではありません。
自分のことを思い返してみても記憶に鮮明に残っている先生は数えるほどです。
この少年も忘れることのない大事な思い出となっているはずです(^^)
2011年11月10日(Thu) 21:21
No title
編集
ころんさんへ

いえいえ。私の方が幸せで…。辛いことの何倍も素敵な出会いがありました。この、お母さんは感動ノートというものをつくっておられました。
過ぎた時間はもどせませんが、時が見事に実って、素敵な思い出をのこしてくれています。
少年A君はもうパパです。ヽ(^o^)丿

コメント、いつもありがとうございます。
2011年11月11日(Fri) 18:01












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL