手作り雑貨 花音(KANON)へようこそ

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPクレイアート作品 ≫ 孤独になりきれる強い意志

孤独になりきれる強い意志


どうしても人間たちと仲良くなりたい・友達になりたい赤鬼。
そのために、自ら悪役をかってでる青鬼。

「まあ、聞けよ。うんとあばれているさいちゅうに、ひょっこり、きみが、やってくる。ぼくをおさえて、ぼくの頭をポカポカなぐる。そうすれば、人間たちは、はじめて、きみをほめたたえる。ねえ、きっとそうなるだろう。そうなれば、しめたものだよ。安心をして、あそびにやってくるんだよ。」

「ふうん。うまいやりかただ。しかし、それでは、きみにたいしてすまないよ。」

「なあに、ちっとも。みずくさいことをいうなよ。なにか、一つの、めぼしいことをやりとげるには、きっと、どこかでいたいおもいか、そんをしなくちゃならないさ。だれかが、ぎせいに、身代わりに、なるのでなくちゃ、できないさ。」

青鬼のはからいで、見事に人間たちと仲良くなれた赤鬼。しかし、気になっていた青鬼をしばらくして訪ねてみると…。
なんと、自分が近くにいては、人間たちから赤鬼が疑われてしまうかもしれないと、旅にでてしまっていたのでした。
「・・・ドコマデモ キミノ トモダチ   アオオニ 」そうしめくくられた置き手紙を、何度も何度も泣きながら読み返す赤鬼。


これで、本当に赤鬼も青鬼も幸せになれるのでしょうか。何度読み返しても胸がせつなくなる浜田廣介の文学です。自分を犠牲にして他者を生かすには、よほどの忍耐力が必要でしょう。政治家のみなさんに今、一番必要な教科書かもしれません。『孤独になりきれる強い意志』を持てる人こそ、本当のリーダーなんだと思います。

今年、初めてのクレイアート作品でした!!
スポンサーサイト

Comment

(;△;)
編集
「泣いた赤鬼」…
とてもとてもいろんなことが詰まったお話しですよね。

でも私は文章を読んだそのままを受け取ってただただつらかったです。
この感情は言葉で表すのは私にはとても無理…
すごく好きで、それでいてすごく苦手な絵本です(**)

りんさんの鬼たちはとても明るくて優しそうです。
お人柄が出てますね!ほっこりします♪
2012年01月06日(Fri) 21:32
No title
編集
ころんさんへ

早速見ていただいてありがとうございます。あわて者のため、粉物をしかない方がいいように思い、このようにしました。柊までさしました。(笑)
泣いた赤おには、中学生でもよく授業で使用していたのですが、朗読のたびに涙が出てしまって、困りました。大人になって作者が当時の社会に対して、自分の考えを屈することなく持ち続けメッセージを発信していたのだと知り、あらためて感動しました。
赤鬼は、沢山の人間達と親しくなれましたが、一番大切な友人を失ってしまったと思うと切ないのですが、逆にどんなに離れていてもたとえ一生会えなくても、本当の友だちはずっとずっと友だちなんだと思います。
2012年01月07日(Sat) 09:06
泣いた赤鬼
編集
このお話しは何度読んでも泣けます。。。
どっちも幸せになれたのか、、、
きっと赤鬼は他の場所でも同じようなことをしてるのかも知れませんね。
久々に読みたくなりました。

空掘りのアートボックス、、、15日までなんですねぇ。
行きたいなぁ、、あの外観を見たら行きたくなりますわ。
行けるかな、、、
2012年01月07日(Sat) 18:18
No title
編集
とんこさんへ

私は重松清さんの大ファンなのですが、読み返す作品はあまりありません。どちらかというと、読んだことを忘れて、途中まで読んで、あっ!読んでたわ~なんてことに。(~_~;)でも、幼少のころから読んでいる作品は、なんど読んだか~という作品が多いです。メッセージ性が強いんでしょうね。
空堀ですが、決してご無理なさいませんように!アートボックスがなくなっても、商店街や雰囲気のある風情のお店は健在ですからね~。水曜日はたぶん『惣』はじめ関連の長屋は休みでしょうが、他の曜日なら大丈夫かと。
いつもありがとうございます!!
2012年01月08日(Sun) 11:34












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL