手作り雑貨 花音(KANON)へようこそ

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP羊毛作品 ≫ こぎつね物語 『予感』

こぎつね物語 『予感』


ここは北海道富良野。冬のはじまりの空が続きます。
果てしなく続く大草原の中で生まれた子狐のふうちゃんの物語の始まりです。


「風の声がちがってきたねぇ。ふう、わかるかい?」
「かあちゃん、風の声って?音じゃないの?」
「もうすぐ、この素晴らしい紅葉がおわるだろ。そしたらね、まっしろな雪の世界になるよ~っていう風の声」
「ふ~ん」
「寒くなってくるよ」
「平気だよ。おいらは、いつもかあちゃんといっしょだから。かあちゃんにこうして、ぴたっとひっついていたら、寒くなんてないんだもん」
「そうかい。そうかい。それに、ふうは風の子だもんね。名前だってそこからつけたんだしね」
「へえ~。知らなかった。風の子なんだね。じゃあ、風もかあちゃんだ!」
「ははは。そうだね。それなら、いつでもどんな時も、ふうの近くにいてあげられるね」
「うん。でも、おいらは本物のかあちゃんがいいよ」


かあちゃんきつねは、黙ってふうちゃんをだきしめました。強く、でも温かく優しくだきしめました。そして、寂しそうに、空をみあげておりました。

(えへへ。あったかいな~。かあちゃんは。)

「おやおや、ふうはおねむだね。そろそろお家へかえろうかね」


                                      ・・・明日に続く
スポンサーサイト

Comment

(^O^☆♪
編集
親子の物語読ませてもらいました。実はエミリー&ハルピーは親子なんですΣ(・□・;)子狐さん可愛い★欲しいです♡
2012年11月13日(Tue) 21:02
編集
エミリー&ハルピーさんへ

コメントありがとうございます。(こちらへ入れて頂けると、見落としがありません。)(笑)
今年のクリスマス展のテーマが『手袋を買いに』なので、狐をつくることになりました。今、たくさんの子狐、親狐に囲まれた生活をしています(笑)。
さてさて、このあと『ふう』ちゃんはどうなっていくのでしょう。お楽しみに!!
2012年11月14日(Wed) 08:00
編集
エミリー&ハルピーさんへ
名前間違いました。BANではなくりんです。BANまできつねに囲まれた生活をしていたら、大変ですよね(笑)。
ちなみにBANはいま咳をよくしています。コンコンと。(本当です)
2012年11月14日(Wed) 08:25












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL