手作り雑貨 花音(KANON)へようこそ

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP羊毛作品 ≫ こぎつね物語 最終回 『じゃあ、またね』

こぎつね物語 最終回 『じゃあ、またね』

狩人からうさぎのココを助けて以来、ふうはずいぶんと強くなりました。
今では、おなかがいっぱいのときには、ココやココの仲間たちとも遊ぶようになりました。
何故、お腹がいっぱいのときに~というのはおわかりですよね?
悲しいかな、うさぎはきつねにとっての食べ物にもなりますから。
大自然の中で、生きていくには誰かのいのちをいただくしかないのです。

「おいらは、ひとりだけど、ひとりじゃない」
「さびしいけれど、さびしくなきゃ、かっこいいきつねになれない」
「な~んてね~」

ちょっぴりですが、心も成長したようです。
これから、どんな試練がまっているのかわかりません。
でも、
前を向いて生きていくしかありません。

「かあちゃん。いつかどこかでであったとき…そのときは、おいらがかあちゃんの役にたちたいよ」
「ありがとう、かあちゃん」


きつねの子別れ。
ある日突然、いままでやさしかった親狐が、子狐を必要以上に追いかけまわし、かみついたりを繰り返すそうです。子狐はパニックになります。助けを求めても無駄です。
そして、いよいよ子狐がお別れを決心する頃になると…。子狐の体をを優しく優しく毛づくろいしてやるそうです。
さよなら、元気でいるんだよ、生き抜くんだよ…。



どうしても、泣きたくなったら…。
そう、目を閉じてかあちゃんのことを思い出したらいいよ。
ね、ふう。

じゃあ、またね。

                                    おしまい。
スポンサーサイト

Comment

編集
素敵な話。。。
しんみり、でもホッコリしました。
毎回楽しく読ませてもらいました(^^)

うわっ!娘がコメントしてる!!
スミマセン、生意気盛りの文章で…(==;)
2012年11月17日(Sat) 20:54
編集
ふうは強さと優しさを兼ね備えて立派になったんですね。お母さん狐もきっと何処かで安心していることと思います。お母さんとの再会はないのでしょうか…今日で最終回…寂しいです(涙)
今日エミリー&ハルピーは一緒にチーズケーキを作りました★親子で過ごす時間を大切にしたいと思います(^_^)
2012年11月17日(Sat) 21:36
編集
おそらく涼花さんではなく、ころんさんへ

読んでいただいてありがとうございました!!コメント、嬉しかったです。
出来あがった作品を並べて、ストーリーを考えるのはとても楽しく私もどんな展開になるのか楽しみでした。途中打ち切りがなくてよかったです。(笑)
2012年11月18日(Sun) 09:22
編集
エミリー&ハルピーさんへ
ありがとうございます!!コメントもいただけて、大変感謝です。ブログは『花音』のために書いていますが、時々、読んでくださるかたがいらっしゃっるのかな~とか、どんなふうに思ってはるのかな~等等、少し不安になったりするのです。(笑)
まだまだ続けたいところですが、あまり長くなると《中だるみ》しますので(笑)。ふうのその後は読んでいただいた方の心の中で育てていただければ嬉しいです。
ケーキ、とってもおいしいんでしょうね~。
2012年11月18日(Sun) 09:27












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL